《HOMEへ》 ページ下の地図を見る
熊本県天草 崎津天主堂・大江天主堂
崎津天主堂・・・穏やかな羊角湾を臨む崎津の漁村に建つ教会。
明治以来3回の建て直しが行われた現在の教会は、昭和9年、ハルブ神父により創建された。
長崎の鉄川与助によって施工された教会は、尖塔の上に十字架を掲げた重厚なゴシック様式で、
その堂内は畳敷きになっています。また、正面の祭壇がある場所は、
禁教時代に厳しい踏絵が行われていたところでもあります。

大江天主堂・・・昭和8年、フランス人宣教師ガルニエ神父が地元の信徒と協力して建てた白亜の教会。
ロマネスク建築で、たいへん優美な佇まいです。


ページTOPへ