◆=F11キーで全画面になります=
◆=戻るときはF11キーで戻れます=
◆下の各写真をクリックすると拡大写真
◆閉じる時は拡大写真の中で左クリック
◆次へ進む時は右クリック
◆タッチパネルの場合はクリックはタップ
 右クリックはスワイプ
九州の天主堂 TOPへ
大浦天主堂 長崎市南山手町5−3

カトリックの教会堂で、1865年(元治2年)に建立された日本最古の現存するキリスト教建築物。
正式名は日本二十六聖殉教者堂。その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂で、
殉教地である長崎市西坂に向けて建てられている。
1953年(昭和28年)に国宝に指定された。また、2007年(平成19年)にユネスコの世界遺産(文化遺産)
暫定リストへ掲載が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を構成する文化財の1つである。
地図を見る


ページTOPへ


ページTOPへ