長崎ランタンフェスティバル2016

総集編
《HOMEへ》 媽祖行列編へ 皇帝パレード編へ
撮影日:2016年2月20日 ページ下の地図を見る

もともとは長崎新地中華街の人たちが中国の旧正月(春節)を祝う行事だった
長崎ランタンフェスティバル。
1994年に規模を拡大してから、長崎の冬の一大風物詩として全国的にその名が知られるようとなりました。 15日間の期間中、街中に飾られる約1万5000個の極彩色のランタン(中国提灯)と、 各会場の大小さまざまなオブジェたちが一帯を幻想的に彩り、訪れる100万超の人々の心を深く魅了します。


ページTOPへ