《TOPへ》 ページ下の地図を見る
長崎県平戸市生月町 山田天主堂
長崎県平戸市の生月島(旧北松浦郡生月町)にあるキリスト教(カトリック)の教会およびその聖堂。
生月島は、1558年のガスパル・ヴィレラ神父による宣教以来隠れキリシタンの多い島で、1865年の「信徒発見」の後に黒島(佐世保市)から信徒が島を訪れて カトリックに戻るよう働きかけた。
当初はなかなか応じなかったが、1878年(明治11年)に平戸に来たアルベール・ペルー神父によってカトリックの洗礼を受けた人々が山田教会の信徒の祖先です。
なお、生月島では明治初期のカトリックの再宣教時にこれに応じず、潜伏時代の信仰組織・様式を守り続ける「カクレキリシタン」の信徒も多く、いまも維持されています。


ページTOPへ