《HOME》へ ページ下の地図を見る
筑後路みのう北麓 早春賦
筑後路みのう北麓は、古くは九州の中心であった日田と、久留米城を 結ぶ日田街道が通っていた地域です。
地域の南は屏風のよう に連なる耳納の山々と、北には豊かな水が流れる筑後川に囲 まれた地域です。 耳納の山々の懐から筑後川へと緩やかに広がる空間が東 と西へ伸びていく様子は、まさに、山と河に囲まれた広大な 回廊を形成しているようにも見えます。

ページTOPへ