《TOP》へ ページ下の地図を見る
撮影日:2017年1月15日
熊本県玉名郡長洲町 四王子神社/ 破魔弓祭 (的ばかい)
締め込み姿の男達が、無病息災や家内安全を願い、
藁や麻で編まれた「的」を神社から有明海にかけて奪い合う、勇壮果敢な祭です。
破魔弓祭(的ばかい)は、四王子神社で行われる、約850年の伝統を誇るまつりで、無病息災・家内安全など御利益幸福を得ようと、締め込み姿の男たちが、的を巡って激しい争奪戦を繰り広げます。 これは、安土・桃山時代に氏子達がご利益幸福を得ようと、ご神体を安置した円座を奪い合ったことが起源とされています。「ばかい」とは、「奪い合う・取り合う」という意味の方言です。 破魔弓祭(的ばかい)は、拝殿で神事が行われ、多くの男衆の中に円座をかたどった直径60cm・重さ6kgのワラと麻で編まれた「的」が投じられ、激しくぶつかり合いながらの争奪戦は迫力満点です。あまりの熱気に男達には、力水が浴びせられ、境内から町中を通って、最後には、有明海までもつれ込みます。 真冬の寒さを吹き飛ばす、勇壮果敢な男たちのまつりです。

ページTOPへ