《TOP》へ ページ下の地図を見る
久大本線駅巡り /南大分駅 みなみおおいた駅
大分県大分市大字荏隈(えのくま)にある、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線の駅です。
相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは構内踏切で連絡している。
駅舎にはギフトショップが併設されている。
以前は大分市内でも珍しいホームから線路を横切って渡る構内通路があり、 構内通路をふさぐ長い編成の列車が停車するときや、夜間などで駅員がいない 場合は通路が閉鎖され、賀来駅側にあるスロープの通路を渡ることになっていた。
2011年になりホーム東側(大分方面寄り)に遮断機付きの渡線路が設けられたため、 終日これを介してホームと駅舎を行き来することになった。 JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅。マルスは無いがPOS端末が設置されている。また、現金専用の自動券売機が設置されている。 ICカードSUGOCAは出入場とチャージのみ対応。
かつて、駅周辺は田んぼが広がっていた。現在では、駅の北には団地(城南団地)、南側には大石町などといった住宅地が広がっている。

ページTOPへ